FX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓楽しいブログがいっぱいです☆

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ  



スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

パプアキンイロクワガタの寿命?

7月に幼稚園のお友達から頂いたパプアキンイロクワガタのオスが、一昨日お亡くなりになってしまいました~

“クワガタは越冬することもある”って聞いたことがあったので、なんでこんな早死にをしてしまったの?!って思ったけれど、調べてみたらパプアキンイロクワガタの寿命は2~3ヶ月なんだとか。

参考URL:虫ナビ-パプアキンイロクワガタ

しょっちゅう交尾をしていたから寿命が縮んじゃったのかな~?

別の飼育容器に移しておけばよかったのかな?

ギラファノコギリクワガタのほうはまだまだ元気で、飼育ケースのフタを開けてのぞくと怒ったように威嚇っぽいポーズをしてきます

ギラファのほうは1年くらいの寿命があるそうです。

参考URL:虫ナビ-ギラファノコギリクワガタ

ちなみにカブトムシのほうは、だんだんと弱ってきていて深夜のブンブン音もうるさいほどではなくなってきています。

オットいわく、食べる量も減って足が弱ってきているのだそう。

そもそもオットの少年時代は昆虫ゼリーなんていうものはなくて、食べ終わったスイカの皮とか梨なんかをあげていたので、お盆を過ぎた頃にはだんだんとお亡くなりになっていたとか。

それが昨シーズンも10月中旬まで生きていたカブトムシが何匹かいたし、昆虫ゼリーパワーおそるべし!

パプアキンイロクワガタのメスはあとどれくらい生きてくれるかな?

特に繁殖セットをいれないままになってしまったのが残念…



↓楽しいブログがいっぱいです☆

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ  



スポンサーサイト
カブトムシ | 【2010-09-04(Sat) 08:44:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

もうカブトムシの幼虫が・・・

今朝は8時の時点で室温30度の我が家

家の方角は南西。

なので10時くらいにならないと家の中にまで日差しはさしてこないのに、この室温とは!

昨日は昼間の最高気温は37度、今日も36度の予報デス

せめて朝くらいヒンヤリした空気が感じられればいいんですけど、それすらないので気が滅入ります…

ところでタイトルのカブトムシの話

このあいだの日曜日、朝おきてからセッセッとカブトムシのお世話をしていたパパ。

途中で作業を覗いたら、もうそれなりの大きさの幼虫になっているのがいるとのこと。

どれどれと見てビックリ。

体長3cm、太さ直径3mmくらいってところでしょうか?

↓○で囲んであるのが幼虫デス
CIMG0750.jpg

卵とあわせると合計100くらいの数になるそう…

すでにこの時期で100とは!

パパは“ぜんぶ孵るってわけじゃないだろうから”って言うけど、確か去年も卵はほぼ幼虫になったんだよね~

果たしてどうなることやら

とりあえず来年は、地元のお祭の景品?かなにかでカブトムシを配れないか聞いてみようと思ってます。

そうすれば大量飼育で成虫に羽化しても、もらい手がスンナリ決まれば安心です



↓楽しいブログがいっぱいです☆

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ  



カブトムシ | 【2010-08-17(Tue) 09:35:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

実はクワガタもいるんです~

新居に越してきてからというもの“少年の日の夢を実現!”とばかりに、半ばカブトムシブリーダーとなっているオット。

でもその世話を手伝わされることにチョット不満もあるように見えるときがあるエビカツ。

ささやかな反抗なのか“オレはカブトよりクワガタのほうが好き!クワガタがほしい~!”とのこと。

まぁ確かにあの大量飼育はエビカツの望むものではなかろう…

ってなわけで、エビカツの幼稚園時代のお友達で、パパが虫好きというお宅へ譲ってもらえるクワガタがいないかどうか図々しくおたずね!

すると2種類のクワガタをわけてくださった

一つ目が“パプアキンイロクワガタ”
CIMG0046.jpg

とても小さくて、ツノのないメスは一見するとコガネムシにしか見えない!

でもとてもキレイで、メスは同じ種類なのに色合いが違うのが不思議~。

ウィキペディアのパプアキンイロクワガタのページを見たら、そういう種なんだと書いてありました


二つ目が“ギラファノコギリクワガタ”
CIMG0048.jpg

こちらはパプアキンイロくんとは真逆で、とても大きくて立派!

ウィキペディアのギラファノコギリクワガタのページを見たら、なるほど世界最長のクワガタなんだそう。

カブトムシ党のオットも、このギラファノコギリはカッコイイ!と素直にほめて?マス

いやしかしクワガタは静かでいいですね~

カブトムシは見た目はカッコよくて好きなんですけど、夜はブンブン飛びまくってそのウルサイことと言ったら

オットもクワガタ党になってくれないかな~



↓楽しいブログがいっぱいです☆

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ  



カブトムシ | 【2010-08-11(Wed) 08:37:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

今年のカブトムシは小ぶり・・・

今年のカブトムシはホントに小さい

原因はおそらく、さなぎになるための準備として黒土を飼育ケースの底におしかためた作業をしたのが早すぎたせいかも

この作業のせいで黒土ばかりで、幼虫のエサになる腐葉土が少ない環境になってしまって、エサ不足→幼虫がやせてしまった→成虫が小さくなってしまった、という図式ではないかと…

春先が低温だったので、いつもの年よりもさなぎになるのが遅かったみたいデス。

↓普通サイズのカブトムシと小さいカブトムシの比較
CIMG0051.jpg

わかりやすいように近くにペットボトルのキャップも置いてみました。

正直、小さいほうの体のサイズはデカGと同じくらいの大きさです

かろうじてカブトムシのほうが足が長いから間違わないけど…

ちなみに写真左の小さいほうのカブトムシもオスなんですよ~

小さすぎてツノを持てないんです

今年で大量飼育はやめてほしいと思ってたんですが“来年もういちどたくさん孵してみんなデカく育てる!”なんてオットが言い出しそうでチョット不安なトンカツであります



↓楽しいブログがいっぱいです☆

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ  



カブトムシ | 【2010-08-05(Thu) 11:40:12】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

カブトムシの羽化がはじまった!

7月10日(土)に今シーズン第一号のカブトムシが出てきました~

ああついにきたシーズンイン…

↓一号クン
2010カブトムシ第一号


さらに翌日もう1匹オスがかえって、いまのところ2匹。

どちらもGWのイベントでもらってきたコたち。

1匹目はとっても小さくてビックリ。2匹目は普通サイズかな?

たぶん農家の堆肥で勝手に育った幼虫なので、エサも広葉樹と針葉樹のまじった土で育ったからそんなに大きくならないんじゃないかと予想してマス。

我が家のウラにあるゴミ収納のBOXの中で育てているコたちは、100匹くらいいるにも関わらずまだ変化なし。

ホントにみんな無事に育っているんだろうか

数匹だったら子供たちもカブトムシは好きだし、トンカツ自身も楽しめるんだけどナァ

あんまりいっぱいいると、夜中はブンブン音がうるさいし玄関に土が散らかるし…という状態になるので、複雑な心境のトンカツママであります



↓楽しいブログがいっぱいです☆

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ  



カブトムシ | 【2010-07-13(Tue) 13:50:05】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

Copyright © アラフォーママの一太郎二姫コソダテ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。